脱毛方法を良く考えてね!

  • 2017.02.14
  • サロンで!
  • 脱毛方法によっても期間が変わる はコメントを受け付けていません。

脱毛方法によっても期間が変わる

脱毛は誰もが出来る限り短期間で終わらせられることを望んでいるかと思います。

しかし、脱毛の部位や方法、その人の毛量などによっても脱毛期間は違ってくるので一概には短期間という事が出来ないかと思います。

全身脱毛は特定部位に絞って行う部分脱毛と比べて非常に広範囲を脱毛する都合上、予め効果の高い技術を選択しておかないと短期間で終わらせるのが難しい傾向にあります。

現在最も永久脱毛効果が高い技術はニードル方式になりますが、この技術は毛穴1本単位へ針を通して行われることから、処理が確実である反面膨大な時間が掛かる欠点を持っています。

よって、全身脱毛において全ての部位へニードル方式の施術を行うことは非効率的かつ現実的ではないとされ、医療レーザー脱毛など素早く処理できる方法で広範囲の毛穴を処理したあとで、残ってしまった箇所へ用いる選択が適切といえます。

また、エステサロンで使われるフラッシュ方式の脱毛は医療レーザーより効果の面で劣っているため、短期間で済ませたい状況下においては不利な選択肢となります。

フラッシュ方式の脱毛は肌に比較的優しい特性を持つので、アレルギーや乾燥肌などを起こしやすい人へ適していますが、トラブルのリスクが低いのであればできる限り効果が大きい医療レーザーの施術を受けた方が確実です。

全身脱毛に限らず、永久脱毛を実現するためには短くても半年前後の期間を要するため、施術を早めに開始しておくか、急ぎの場合に限り一旦除毛で済ませてしまう選択も有効とされます。


コメントは利用できません。

関連記事


ランキング


おすすめ記事